プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

イタリアワインをこよなく愛するソムリエ。もちろん、料理も文化も。。

AIS(イタリアソムリエ協会認定ソムリエ)

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 丹波ワイナリー 収穫編 パート1 | メイン | 最近のOPIUM »

2008年9月23日 (火)

丹波ワイナリー収穫編 パート2

お待たせしました。パート2です。

末田さんの案内で畑とゆっくりと見せて頂きました。

そこは、イタリア全州を網羅できる程の豊富さ。

(イタリアに居ても難しい・・。)

まずは、ピエモンテ代表 ネッビオーロ!

  

実と皮と種をガシガシしながら食べると。ワインと一緒。酸があって、渋~いです。


続きまして、ソーヴィニヨン・ブラン。世界的に有名な葡萄品種ですね。

イタリアでは北イタリアで栽培される事が多いですが、

今は、中部や南イタリアでもチラホラ見かけます。

そういえばラッツォ州も最近多くなりました。

食べると、ワインを飲んでいる時と同じ香がします。

私、この品種大好きです。

 
次はサンジョベーゼ。トスカーナを代表する葡萄品種。

食べると、案外甘かったんですよね。

もう少し酸があると思っていたのですが。


続きましてカンパーニャを代表する品種。アリアニコです。

まだ、色づきが十分ではないです。緑色の実を食べると、

酸味がすご~~~~いです。赤い実は程よく甘さもあり、渋みもたっぷりです。


さて、続きましてプリミティーボ!

プーリアを代表する品種でございます。

房から外すと、果汁がすごいのなんのって、ジューシーなお味でした。


後、バルベーラでしょ、ミュスカデでしょ、ランブルスコでしょ、でしょ、でしょ、

本当に多くの葡萄品種を紹介して頂きました。

有難うございます。

 

末田さんの背中越しに見える畑の風景。

末田さんの思いがいっぱい、いっぱい詰まった畑です。ありがとうございました。


この後、私達は圧搾の風景を見させていただきました。

  
この大きな器械の中に、2tの葡萄が入るそうです。

そして、絞りたての果汁を頂戴しました

とっても甘くて、濃厚葡萄ジュースでした。

そして、総勢20名でバーベキュー大会の始まりです。

20名もワイン好きが集まれば、収拾がつくわけない。

永遠帰りのバスの中まで大賑わい。

皆さん、本当にお疲れ様でした。


この企画は【イタリアソムリエ協会関西支部】活動の一環として行っております。

普段、私達が触れているワインという飲み物。

それは、実は大変な農作業の中、自然と向き合いながら出来上がっていくものです。

「ソムリエ」という肩書きだけではなく、

畑の中で葡萄がどう育って、どういうサイクルで成長するのか。

それを知るをいうのが、最大の目的です。

今回、丹波ワイナリー様の大きなご協力の中、企画を成功する事ができました。

この場をお借りしてお礼申し上げます。

本当に、ありがとうございました。

来年も、この企画は少しづつ進化をしながら続けていきたいと思っております。

ご興味のある方はご連絡下さいませ。

  イタリアソムリエ協会日本支部関西 代表 石垣亜也子

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/565247/28318813

丹波ワイナリー収穫編 パート2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

イタリア料理 OPIUM のサービス一覧

イタリア料理 OPIUM