プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

イタリアワインをこよなく愛するソムリエ。もちろん、料理も文化も。。

AIS(イタリアソムリエ協会認定ソムリエ)

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

2011年2月 2日 (水)

昨晩の家ワイン

una passeggiata del Sommelierへどうぞ!

2010年10月28日 (木)

発見!

あ!

見~~~つけた!


栗!

さては、栗のスープだなぁ・・・。

メニューには載っていない。栗のスープ。

そういえば、土曜日のお客様のご要望が入っていたなぁ。


フォアグラのソテーと一緒に楽しむスープは、

OPIUMの秋冬メニューの一つ。

良くオーダーを受けます。

寒い日にぴったりです

2010年10月25日 (月)

秋の代表魚。さ・ん・ま。

『秋刀魚』

秋を代表する魚ですよね。

OPIUMでは、生でも食べれる秋刀魚をかる~~~く燻製し、

野辺地カブラ、紅大根と一緒に前菜で楽しんで頂いています。

青森の野辺地カブラは生で食べれるカブラ。

カブラのソースと秋刀魚の肝を使ったソースで仕上げ、

最後にオレンジの皮をほんの少しふりかけます。

秋ならではの料理。

日本でのイタリア料理って感じですが、

旬の美味しい食材を使って作る一品は、

やっぱり美味です


ワインは。

そうですねぇ。

一皿の料理の中に、食材の甘み、脂分、酸味、苦み。と

バランス良く考えられたお料理ですので、

ワインもバランスよく、柔らかいワインがいいですね。

そして、しっかりとアルコール感もあるワイン。


フリウリの作り手、ヴィエ・ディ・ロマンスのシャルドネ。

チャンパニス・ヴィエリスとか、

・・・・・・とか、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・とか。

ちょっと、肌寒くなった秋の夜は、

程良い余韻が残る、料理とワインで楽しみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Novello(新酒)を楽しむ会。11月7日(日)若干の空席ございます。

日曜日は定休日のOPIUM。

日曜しか行けないのにぃぃ!というお客様是非お待ちしてますね。

詳細は下記をクリック!

Novello(新酒)を楽しもう!


2010年10月23日 (土)

栗マロン南瓜のニョッキ。

昨日の日記にも少し登場した「栗マロン南瓜のニョッキ」

栗、マロン、・・・。

栗もマロンも一緒じゃん。。。

そんだけ濃厚な南瓜という事。

このニョッキ、シカ肉とポルチーニのラグーソースで仕上げます。


さて、ここで何を飲もうか??

南瓜に甘みがあるので、酸味が綺麗なワインを合わせたい。

そして、ポルチーニの香りも強く感じるので、

香り高いワインを合わせたい。

シカ肉のソースは濃厚さもあるので、

余韻も程良く残るワインを合わせたい。

(私の頭の中には今3,4本のワインがチョイスされています)

お客様のその前後のお料理を考えながら、

ワインはセレクトしたいと思います。

お楽しみに。

・・・・。

・・・・・・・・・・。


「何を出すつもりな~~~ん」

と読んで欲求不満になっては駄目なので、

候補は、カルミニャーノ。とだけお伝えしておきましょう。

後はOPIUMでのお楽しみ


2010年10月22日 (金)

頑張る人

OPIUMのお客様でもある方で、ワイン会でご一緒する事も多々。

ワインが大好きで、エキスパートも取得されたぐらい。

そんな彼女が、お仕事の中でワインを活かせるコーナーを作ったとご連絡が。

で。

彼女が作ってくれたサイトページがこちら

ボブ&アンジー【ソムリエさんの休日ワインとレシピ】
ワインが好きで、頑張ってる人も見ると。

私も頑張らないと!という気になります。

私がお勧めするワインも紹介されていますので、

是非、覗いてみてください。

そして、もう一人。

イタリアの生活を共にした友人。

今は日本で輸入業者さんに努めている彼女は、

会う度に『頑張ってるなぁ。』と思う人です。

イタリアへ行って、ワインを開拓し、私達に紹介してくれる。

そして、何よりも彼女と会うと、

イタリアで過ごして、イタリアで感じた感覚に戻ってくる。

私にとっては、とっても大切な事。

そんな彼女に出したワインは、

このワイン。


彼女の会社が取り扱いをしていた“Silene2004”

ラッツォ州のワインで、チェザネーゼという葡萄を使用しています。

少し熟成をさせているので、

ドライフラワーの香り、紅茶の香り、

味わいは綺麗で落ち着きのある酸味を中心に、

余韻が長く残ってきます。

お料理は、“栗マロン南瓜のニョッキ シカ肉とポルチーニの煮込みソース”

このワインは、他のインポーターへ移った様ですが、

このワインを好き。と思って取り扱いをしてくれていた彼女の会社に感謝です。


ありがとう。

そして、これからもよろしくです。


2010年10月20日 (水)

とよみつひめ

「とよみつひめ」

今、OPIUMで楽しめるイチジクの品種です。

とにかく、甘い。

糖度17度

マスカット・アレキサンドリアや宮崎マンゴーと同じぐらいの糖度。

(解り難いか・・・。)

そんなイチジクは、OPIUMではこんな感じで。



生ハムとパルミジャーノと一緒に。

もちろん、シンプルに

生ハムとイチジクだけでもOK!

ワインは、香り高いアルトアディジェのミュラートゥルガウなんてどうでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Novello(新酒)を楽しむ会。11月7日(日)若干の空席ございます。

日曜日は定休日のOPIUM。

日曜しか行けないのにぃぃ!というお客様是非お待ちしてますね。

詳細は下記をクリック!

Novello(新酒)を楽しもう!

2010年10月18日 (月)

キャンティ・クラッシコラインナップ

キャンティ・クラッシコイベント後、

ラインナップが増えました。


では、手前から。ワイン紹介です。
( )内はOPIUMでのボトル価格です。

キアンティ・クラッシコ 2007 サンジュースト・ア・レンテンナーノ
ガイオーレ・イン・キアンティ
(¥5000)

キアンティ・クラッシコ“ベラルデンガ”2007 フェルシナ
カステルヌオーヴォ・ベラルデンガ
(¥5200)

キアンティ・クラッシコ 2007 サンファビアーノ・カルチナイア
カステッリーナ・イン・キアンティ
(¥5000)

キアンティ・クラッシコ2006 カーサ・エンマ
バルベリーノ・ヴァル・デルサ
(¥5000)

キアンティ・クラッシコ“モンテ・デ・サッシ”2007 イル・ボルゲット
サン・カッシアーノ・ヴァル・ディ・ペーザ
(¥6200)

キアンティ・クラッシコ2007 フォントディ
グレーヴェ・イン・キャンティ
(¥5800)

キアンティ・クラッシコ 2007 イゾーレ・エ・オレーナ
バルベリーノ・ヴァル・デルサ
(¥5800)

キアンティ・クラッシコ 2005 ヴィッラ・カルチナイア
グレーヴェ・イン・キアンティ

キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ.“チェッロレ”2006 サンファビアーノ・カルチナイア
カステッリーナ・イン・キアンティ
(¥7500)

キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ 2006 カルピネータ・フォンタルピーノ
カステルヌオーヴォ・ベラルデンガ
(¥7800)

キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ“ランチャ”2006 フェルシナ
カステルヌオーヴォ・ベラルデンガ
(¥9000)


まだ、皆さまにご紹介したいキアンティ・クラッシコもあるので、

引き続きOPIUMで楽しんで下さいませ。

今、私がグラスでお勧めしているのは、

キアンティ・クラッシコ“モンテ・デ・サッシ”2007 イル・ボルゲット
(グラス¥1200)

ボトルのお勧めは

キアンティ・クラッシコ2006 カーサ・エンマ
バルベリーノ・ヴァル・デルサ
(¥5000)

お勧めといっても、

全部お勧めなので、

今日の料理、今日の気分、誰と飲んで、どんなシチュエーションなのか。

それによって、色々とお勧めするキアンティ・クラッシコが変わります。

是非、相談してみて下さい。

基本、全てグラスで飲めるように準備はしていますので、

楽しんで下さいね。

2010年6月25日 (金)

綺麗。・☆

ソムリエの日記をご覧ください。

Una passegiata del Sommelier~ソムリエの散歩~

2010年6月 1日 (火)

グルマンの隠れ家


ソムリエの散歩

今日はOPIUMを動画サイトでどうぞ!

2010年5月31日 (月)

最近のOPIUM

久々、ぐるなびブログを更新です。

と言っても、

お店のブログへリンクしちゃいます。

是非、覗いてみて下さい

ソムリエの散歩

イタリア料理 OPIUM のサービス一覧

イタリア料理 OPIUM