プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

イタリアワインをこよなく愛するソムリエ。もちろん、料理も文化も。。

AIS(イタリアソムリエ協会認定ソムリエ)

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メニュー Feed

2011年2月15日 (火)

医食同源

una passeggiata del Sommelierへどうぞ!

2011年2月12日 (土)

オピュームに春がやってきた。

una passeggiata del Sommelierへどうぞ!

2010年10月28日 (木)

発見!

あ!

見~~~つけた!


栗!

さては、栗のスープだなぁ・・・。

メニューには載っていない。栗のスープ。

そういえば、土曜日のお客様のご要望が入っていたなぁ。


フォアグラのソテーと一緒に楽しむスープは、

OPIUMの秋冬メニューの一つ。

良くオーダーを受けます。

寒い日にぴったりです

2010年10月25日 (月)

秋の代表魚。さ・ん・ま。

『秋刀魚』

秋を代表する魚ですよね。

OPIUMでは、生でも食べれる秋刀魚をかる~~~く燻製し、

野辺地カブラ、紅大根と一緒に前菜で楽しんで頂いています。

青森の野辺地カブラは生で食べれるカブラ。

カブラのソースと秋刀魚の肝を使ったソースで仕上げ、

最後にオレンジの皮をほんの少しふりかけます。

秋ならではの料理。

日本でのイタリア料理って感じですが、

旬の美味しい食材を使って作る一品は、

やっぱり美味です


ワインは。

そうですねぇ。

一皿の料理の中に、食材の甘み、脂分、酸味、苦み。と

バランス良く考えられたお料理ですので、

ワインもバランスよく、柔らかいワインがいいですね。

そして、しっかりとアルコール感もあるワイン。


フリウリの作り手、ヴィエ・ディ・ロマンスのシャルドネ。

チャンパニス・ヴィエリスとか、

・・・・・・とか、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・とか。

ちょっと、肌寒くなった秋の夜は、

程良い余韻が残る、料理とワインで楽しみましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Novello(新酒)を楽しむ会。11月7日(日)若干の空席ございます。

日曜日は定休日のOPIUM。

日曜しか行けないのにぃぃ!というお客様是非お待ちしてますね。

詳細は下記をクリック!

Novello(新酒)を楽しもう!


2010年10月23日 (土)

栗マロン南瓜のニョッキ。

昨日の日記にも少し登場した「栗マロン南瓜のニョッキ」

栗、マロン、・・・。

栗もマロンも一緒じゃん。。。

そんだけ濃厚な南瓜という事。

このニョッキ、シカ肉とポルチーニのラグーソースで仕上げます。


さて、ここで何を飲もうか??

南瓜に甘みがあるので、酸味が綺麗なワインを合わせたい。

そして、ポルチーニの香りも強く感じるので、

香り高いワインを合わせたい。

シカ肉のソースは濃厚さもあるので、

余韻も程良く残るワインを合わせたい。

(私の頭の中には今3,4本のワインがチョイスされています)

お客様のその前後のお料理を考えながら、

ワインはセレクトしたいと思います。

お楽しみに。

・・・・。

・・・・・・・・・・。


「何を出すつもりな~~~ん」

と読んで欲求不満になっては駄目なので、

候補は、カルミニャーノ。とだけお伝えしておきましょう。

後はOPIUMでのお楽しみ


2010年10月20日 (水)

とよみつひめ

「とよみつひめ」

今、OPIUMで楽しめるイチジクの品種です。

とにかく、甘い。

糖度17度

マスカット・アレキサンドリアや宮崎マンゴーと同じぐらいの糖度。

(解り難いか・・・。)

そんなイチジクは、OPIUMではこんな感じで。



生ハムとパルミジャーノと一緒に。

もちろん、シンプルに

生ハムとイチジクだけでもOK!

ワインは、香り高いアルトアディジェのミュラートゥルガウなんてどうでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Novello(新酒)を楽しむ会。11月7日(日)若干の空席ございます。

日曜日は定休日のOPIUM。

日曜しか行けないのにぃぃ!というお客様是非お待ちしてますね。

詳細は下記をクリック!

Novello(新酒)を楽しもう!

2010年5月31日 (月)

最近のOPIUM

久々、ぐるなびブログを更新です。

と言っても、

お店のブログへリンクしちゃいます。

是非、覗いてみて下さい

ソムリエの散歩

2008年8月28日 (木)

穴子とゴボウのリゾット

 昨日からメニューの登場している『 穴子とゴボウのリゾット 』

 

 リゾットには、細かく切ったゴボウと、

 歯ごたえが残る様に切ったゴボウで作っていきます。

 そして、穴子はソテーし、皮目をパリッと焼きあげます

 仕上げは赤ワインのソースをかけ完成です。

 リゾットを食べたとたん、ふぁ~っとゴボウのいい香りが広がります。

 旬の終わりにある穴子と、これから旬を迎えるゴボウ。

 今の時期だから美味しい一皿ですね。

 こういう、土っぽいというか、何というか、秋を感じさせるお料理が出てくると、

 やっぱり、赤ワインが飲みたくなる。

 私が、このお料理にお勧めしたワインは、

 トスカーナの『モレッリーノ・ディ・スカンサーノ』

 トスカーナ州の南に位置するグロッセート県で産する赤ワインです。

 このカテゴリーはサンジョベーゼを85%以上の使用が義務付けられ、

 補助品種としてアリカンテという葡萄を使用します。

 内陸のサンジョベーゼと違い、ちょっと田舎っぽい親しみやすいワインで、

 少し土っぽい香りも感じる事ができます。

 そうです、私が大好きだった『ポッジョ・アルジェンティエラ』です。

  

 そうです。この阪神タイガースの様な配色のワイン。

 今は日本に入ってきませんが、洗練されたワインというより、

 親しみやすい。そんな印象を受けるワインを合わせてみると良いのではないでしょうか?

2007年10月13日 (土)

タイムのジェラード

 昨日、パテシエが私に、

 『出来立て、タイムのジェラード食べませんsign02

 毎回新作の際、お客様に出す前に、いつも試食してるんですが、

 昨日は、パソコンの仕事に追われて、

 ちょっと甘い物が食べたいと思った時だったので、

 ありがとう。。。食べる。。happy01と、即スプーンを取り出しました。

 (まぁ~。食べると即答するのは、毎回の事なんですが。。sweat02

 
 見た目はほとんど バニラジェラード。

 しかし、一口食べると、ふぁ~っとタイムのいい香りが口の中に広がってくれますshine

 そんな、タイムのジェラードはガトーショコラと一緒に楽しんで頂けます。

 


 タイムのジェラードが程よく溶けた所を、

 ガトーショコラと一緒に食べると一段と香りがいいですよ!

 もう、最高ですshine

2007年9月 6日 (木)

OPIUMでの人気メニュー

 下記の写真の料理はディナーメニューの中でも、

 とってもリピーターが多い料理ですhappy01

 もちろん、まだまだたくさんあります、

 トリッパとキノコのソテー、ビィーゴリ、トロフィエなどなど。。。。

 こういった人気がある料理 + 旬の食材を取り入れた料理で

 OPIUMのメニューは構成されています。

 毎日メニューが変わるので、旬の魚を使った料理などは、

 コロコロ変わってしまうので、

 なかなか写真と撮る事が出来ませんsweat02

 今、旬らしいお料理は 

 【 鰹の軽い燻製 ハーブのヴィネグレットソース 】

 【 秋刀魚のマリネサラダ 】

 【 スパゲッティーニ マツタケのアーリオ・オーリオ】など。。。

 さぁsign01食欲の秋到来です。ご来店お待ちしておりますsign03


スカモルツァチーズのソテー


和牛もも肉のカルパッチョ チプリアーニ風


タリオリーニ生うにのクリームソース


仔羊背肉のグリル タプナード添


シャラン鴨のポワレ 赤ワインソース


 

イタリア料理 OPIUM のサービス一覧

イタリア料理 OPIUM