プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

イタリアワインをこよなく愛するソムリエ。もちろん、料理も文化も。。

AIS(イタリアソムリエ協会認定ソムリエ)

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

ワイン Feed

2008年8月23日 (土)

Vernaccia di Sangimingano比較

トスカーナのDOCGの一つヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ。

 世界遺産でもあるサンジミニャーノで産する

 ヴェルナッチャという葡萄品種を使った白ワイン。

 もちろん、OPIUMにもこのカテゴリーのワインは置いています。

 しかし、人間というのは、

 『もっと、もっと素晴らしい物があるんじゃないか??』

 と貪欲な心を持っているものです。

 という事で、いつもの事ですが、もともと取り扱っているワインと、

 新しく輸入されたワインとの比較テイスティングです。

 今回は、新しいアイテムが3本

 Montenidoliモンテニドーリのヴェルナッチャ3本 

   

 この3本に加え、今取り扱っているPanizziのワイン

 さぁ。テイスティングです。

 まずは、様々な情報は除外し、純粋に味と価格のバランスをみていきます。

 オーナー、愛弟子、私でテイスティング。

 (シェフは忙しそうだったので、後から参加)

 私    『ひとまず、どれが好き?』

 オーナー 『4』

 愛弟子  『4・3』

 私    『1・3』

 あの・・・。値段をちゃんと考慮に入れてます??

 オーナー 『なんぼって言ってたっけ?』

 私    
  『OPIUM価格で1¥4500 2はおそらく\5000ぐらいで、
  3は\6500ぐらいでしょ、4は\9000弱ぐらい・・。』

 オーナー 『ほんだら、3』
 
 愛弟子  『1かな・・・。』

 私    『そうやな。。値段考えるとね。』

 こんな会話をしながら、テイスティング会議は過ぎていきます。

 肝心な私の印象ですが、1か3です。

 1はコストパフォーマンスがとても良いです。

 開けたとたん、フルーツ、花、野菜の香りが上品に広がり、

 味わいも、すっきりとした心地よい酸味があり、

 私の中にあるヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノのイメージです。

 後、3に関しては少し値段が上になりますが、

 良い葡萄のポテンシャルを感じつつ、

 ヴェルナッチャのニュアンスも丁寧に感じるワインです。

 香りは、花や、フルーツの香りが豊富ですが、

 全快に感じるまでにほんの少し時間を要します。

 味わいも、前菜から、パスタ料理、白身の肉の軽めなメイン料理まで、

 合わせる事の出来る白ワインでした。サラッとしたワインと、

 コクのあるワインの丁度間にあるイメージです。

 こういうワインは、料理を楽しむ上で必要なワインです。

 もちろん、4もリッチで美味しいですし、1も素直で美味しいです。

 今や、美味しくないワインを探す方が難しい時代です。。

 だからこそ、自分が思う

 『ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ』をどう楽しんで欲しいか。

 これが、重要なポイントになります

 
 さて、今日この日記を書く為に、写真、写真!と思い。

 セラーから、ワインを出して、

 昨日お客様にもこのワイン達をグラスで提供していましたので、

 3のワインは無くなっちゃったんです。

 他3本をスタンバッテ、後1本を空瓶置き場へ取りに行くと、

 私    『ん??無い。なんで無いの??まっちゃ~~ん。
       昨日捨てた瓶は??』

 愛弟子 『あの・・・。それ、捨てようと思って、
      持って行く時に割っちゃいました・・・。』

 私    『・・・・。』

 という事で、1本欠けてしまった写真をパチリ!


2008年8月20日 (水)

幸せ、幸せ、心まで満足。デザートワイン。・*

皆さん、デザートワインって飲んだ事あります??

『 ある 』と答えた方。とっても幸せな方です。

『 ない 』と答えた方。これから知る素敵な出来事を持っているという事で、とっても幸せな方です。

(どっちも幸せ。すなわち、この日記を読んでいる人は幸せという事です)

 
きっと、耳にした事があると思うんですが、貴腐ワインやアイスワイン。

ワインなんですが、とっても甘いんです。

飲んだ瞬間、ふわぁ~~~んと心地よい気分になります。

イタリアでは、多くのデザートワインが作られるんですよ。

トスカーナのヴィン・サントでしょ、、

エミーニアロマーニャのアルバーナ・ディ・ロマーニャでしょ、

ピエモンテのブラケット・ダックイに、アスティ・スプマンテでしょ、

フリウリのラマンドロに、ピコリットでしょ、

シチリアのモスカート・ディ・パンテレリーアでしょ、でしょ、、でしょ、、、。

言い出したらきりがないです。

作り方はそれぞれですが、基本、葡萄の水分を蒸発させ、糖度を高めてワインにします。

水分が無くなった所を絞るので、普通のワインより果汁は取れません。

なので、少し高価なワインになりますが、でも、やめれない・・・・。

OPIUMで現在提供しているワイン。ヴィン・サント。

幸せを見つけにいらっしゃいませ。

San fabiano calcinaia Vin Santo1999年

2008年8月19日 (火)

AntonioloのGattinara

この日記になんどか登場している、醸造家の先生 

フランチェスコ・バルトレッティ氏

この夏にもセミナーの講師をしてくださいました。

その彼が今、醸造担当と努めるワイナリー 

『Antonioloアントニオーロ』

今年の春に、『熟成』というテーマでのアイテムで

1999年・2001年の【 Gattinara Osso San Grato 】

1999年のワインの状態は極めて良く、熟成から香るブーケや、しっかりと感じる酸味など、

ポテンシャルの高さがうかがえます。

2001年のヴィンテージは、果実のニュアンスを程よく残し、

タンニンの部分は、もう少し柔らかくなっていくであろうと、

予想させるワインでした。

そして、イタリア文化会館で行われた授業では、2003年のヴィンテージ。

香りの開きはまだ固いつぼみの様で、

向こう側にある香りを探してみるのですが、少し時間がかかりそうです。

味わいに関しては、酸、タンニン共に、まだまだ攻撃的に感じるワインでした。

少し、最後に残ってくる苦味がきがかりでしたが、それでも綺麗なワインでした。

  
【 Antonioloについて 創立 1949年 】

 ローマのビジネスマンだった創立者マリオ・アントニオロは、
 休暇で訪れたこの土地に魅されワイン作りをはじめました。
 2001年には新しい畑を開拓し、 
 醸造所にはコンピューターシステムステンレスタンクが導入されたりされているが、
 Gattinaraに関しては、バリックなどは使用せず、
 昔ながらのボッテで熟成させる製法を取っています。
 今は、日本への輸入はされていません。

綺麗なワインを作るワイナリーです。是非、日本に入荷される事を願います。

【 Gattinaraについて 】

  Zona di produzione (地域) Piemonte Vercelli

  Vitigni(葡萄品種) Spanna(Nebbiolo) 
            Vespolina4%(max)/Bonarda 10%(max)

2008年8月 8日 (金)

ネッビオーロ

このワイン、よく口にするワインの一つですが、

先日、2002年のヴィンテージを開けてみました。

Langhe Nebbiolo 2002

このワイナリーはERBALUNA(エルバルーナ)という

バローロ村LA MORRA(ラ・モッラ)にあります。

現行のヴィンテージは2005年です。

数本、2002年を取っておいた内の最後の1本。

(置いといたというか、飲む機会を失ったというか・・・。)

開けてビックリ!!

若い時に飲むネッビオーロとは、まったく印象が違い、

香りには、なめし皮やハーブを思わせる香りなど、

次から、次へと香りが上がってきました。

味わいは、酸、タンニン共に落ち着き、柔らかい舌触りですが、

ネッビオーロの伸びやかなタンニンは健在ですし、

酸もかろうじてその骨格を守っている印象です。

ワインって面白い!!どのタイミングで飲むか。

それによってまったく違う印象を与える。

『この葡萄の、この場所の、ワインのこの部分が好き!』

という考えは一人、一人違うのですから、

お客様にニーズに合わせて年代物のワインを用意する。

それこそが、きっと私達ソムリエの仕事なんでしょうね。

ふぁ~。OPIUMのワインセラー・・・・。

オーナーにもう一つおねだりしてみようかなぁ。

きっと。。オーナーの事だから、

『買ってやりたいのは山々だけど・・・』というだろうなぁ~。

私も、まだまだワインという先生に、

教えて貰わないといけない事が山の様にある様です。

頑張ります!

2008年8月 6日 (水)

グレコ・ディ・トゥフォ

最近、お客様へサーヴィス機会が増える白ワイン。

白ワインでも、色々なタイプがあります。

私は基本的に、外での食事の時は白ワインを飲む事が非常に多い。

なぜなら、あっさりと食べれる食材を好むからです。

(ものすごい単純・・・・。)

カンパーニャ州を代表する白ワイン GRECO DI TUFO グレコ・ディ・トゥフォ

OPIUMで楽しんで貰えるつくり手は、

もちろん、カンパーニャと言えば、マストロベラルディーノです。

    

マストロヴェラルディーノは130年を誇る伝統的なカンパーニャの作り手です。

フルーツの香りが華やかで、洋ナシやアプリコットの香り、

口に含むと綺麗な酸とミネラル感が口いっぱいの広がるワインです。

よ~~く冷やして飲むと、酸の出方が鋭くなり、

温度が上がるにつれ少し柔らかいニュアンスが現れ、

夏場の美味しい白ワインです。

先日、ダリオ氏が来店してくださった際(2008年7月)

彼らのワインについて、酸の特徴性も語っていました。

ほんと、綺麗なんですよねぇ。マストロベラルディーノ。

 

2008年8月 5日 (火)

え!8月??

サボりすぎるにも、程がある。。。気が付けばもう8月です。

暑いですね。毎日!

さて、この1ヶ月私は何をしていたかというと・・・。

(日記を書けなかったという言い訳にも聞こえるご報告ですが。。。)

7月22日・23日とAIS(イタリアソムリエ協会)の先生を招いての勉強会。

関西では、5回目に突入です。

毎回、コーディネートをしなければいけません。

この活動は、多くの人々によって支えられています。

その前に、私にはちょっとした試験がありまして、

イタリア全州の特徴やDOCG、DOCなどの資料をまとめる作業に追われ、

コーディネート準備作業、何だか、楽しんでいたのですが、

案外OPIUMの仕事以外の時間でこなすとなると、

ちょっと、大変な作業でした。


その後は、22日初の神戸での勉強会。23日は京都での第2回目の勉強会。

この二日間、約50名の方のエントリーがあり、

たくさんの人の力を借り無事に終える事ができました。

さて、同時進行で動いている企画は、“丹波ワイナリーツアー”

今回で第3回目の訪問 ~収穫の巻~ です。(8月31日)。

この準備、連絡。

  

(写真は2回目の訪問6月)

そして、来週14日に開催される、

イタリア文化会館(東京)でのワイン授業の資料作り。今回は私が講師です。

テーマはワインのサーヴィスについて。

何だか、イタリアワイン三昧の日々というよりは、

準備に追われ続けている、今年の夏。
 
しかし、知れば、知るほどイタリアワインの魅力に引き込まれるんですよね。

不思議と。。。


そんな中、忙しくしていても、お腹はすくんですよね。

OPIUMでの賄いで、先日飛び切りテンションが上がったメニュー!

お皿いっぱいのお好み焼き!!

やっぱ、大好きです。

疲れた心も、体も、一気に元気になった。そんな賄いメニューでした。


さて、近況報告はこんな所でしょうか。。。
 
おっと!久々のソムリエ日記なのに、ワインの話題がない。。。という事で、

最近、私が好んで飲んでいるワインは、フリウリの作り手。

ジローラモ・ドリゴのソーヴィニヨン。

華やかなソーヴィニヨンの香りを楽しめ、酸が綺麗で、

キラキラとした印象のワイン。

少し、冷やし気味にし、夏野菜と一緒に楽しむと本当に幸せ。

最近というか、ずっと大好きな白ワインの一つですが。。

特に、この暑い時期にはもってこいのワインです。


さぁ。斉藤和義の音楽でも聴きながら、

テンション上げて資料作りに取り掛かるとしますか!

では、皆様 Ci sentiamo a presto!!

2008年6月12日 (木)

Le Macchioleについて。

Le Maccioleはイタリア、トスカーナ州の海に面した産地 

『ボルゲリ』 という所にあります。

この産地は、今や有名な赤ワインの産地で、

有名所はサッシカイアや、オルネライアなど、

世界に知れ渡ったワインの産地です。

ここからは、彼女が話したLe Macchioleの歴史を書いていきたいと思います。

彼女(チンツィアさん)は農家に生まれ、

ご主人(エウジェニオ氏)はエノテカを営む商売の家に生まれたそうです。

もちろん、今のマッキオーレが存在する、ボルゲリの地に生まれたのです

二人は結婚をし、ご主人は家業を継がずワインを作る事を決心。

家族の援助を断り、自分達だけの力で銀行からお金を借り、

ワイナリーの設立しました。(1983年。ちなみにOPIUM同じ設立です)

当初は、エノテカを手伝いながらの畑仕事だったので、

そちらからの収入もあったようですが、

畑仕事の量が増え、ワイナリーの仕事一本になった時は、収入がなく、

食事の買い物を行っても、考えながらお金を使わなくてはいけない。

そんな日々だったそうです。

最初は、コンテシーネという白はヴェルメンティーノ、

赤はサンジョベーゼを使用したワインと作っていましたが、

思う様に売れない事もあり、そういう時はワインを寄付し、

安く売りさばく事はしなかったそうです。

なぜなら、魂を売りさばいている様で嫌だったからだそうです。

それからは、研究をかさね、ボルゲリの地でメルローや

カベルネソーヴィニヨン、カベルネ・フランの可能性を見出し、

ブルゴーニュやボルドーへ足を運び、勉強を重ねたそうです。

ボルゲリという地は海から5kmにある場所です。

そのテロワールを表現する為に、

二人で力を合わせ、設立当初は4haだった畑も、今や22haにまで拡大としました。

畑を買う度に、エウジェニオは、

『これが最後の投資だから。。。』と話し、それは幾度と繰り返されました。

自分の思いを成し遂げる為には、とても頑固なエウジェニオの行動に、

彼女は口を挟む事なく、拡大をして行ったマッキオーレ。

今、彼が居なくなってしまった現在、この事が良く分かるそうです。

彼女は

『目標を作り、目標を達成する前に、次の目標を立てなければ、成長はしない』 

こう言ってました。

今は、彼女の弟、そして兄の様な存在のエノロゴ(ルカ・ダットーマ氏)

そして、若いスタッフ9名で、

ボルゲリの地でしか出来ない、そんなワインを作っています。

彼女は、若い人と働く事はとても大切とおっしゃってました。

若い人には情熱と柔軟性があるからだそうです。

現在、彼女の息子(長男)はシエナの醸造学校へ通ってらっしゃるそうです。

これから、まだまだ柔軟に伸び、目標を定め進化するワイナリーになる事でしょう。

彼女達が作り出すワインは5種類。

パレオ・ビアンコ 
(ソーヴィニヨン・ブラン70%・シャルドネ30%)

  マッキオーレが作る白ワイン。
  このワインのみバリック醗酵を行っているそうです。

ボルゲリ・ロッソ 
(メルロー50%・カベルネソーヴィニヨン30%・シラー10%・サンジョベーゼ10%)

  このワインは名刺的な存在なんだそうです。
  Le Macchioleと名前が入って、Bolgheriという産地が入っている。
  単一のワインを作る事はもちろん難しい事だが、
  単一葡萄の考え方でこのブレンドワインを作っているそうです。

パレオ・ロッソ (カベルネ・フラン100%)

  パレオという名前は、パレオ・ロッソ1989年に
  パレオという名の雑草に悩まされたそうです。
  当初、カベルネ・ソーヴィニヨン90%に酸を出す為サンジョベーゼを
  10%ブレンドでスタート。
  今や、ル・パンの息子さんが収穫の際、
  働かして欲しいと願い出てくる程の
  素晴らしいカベルネ・フラン100%のワインになっています。

スクリオ (シラー100%)

  スクリオとは、トスカーナの言葉で純粋な人という意味を持ちます。
  エウジェニオはシラーに拘り、フランスのエレガントさ、
  オーストラリアの力強さを兼ね備えたワインをシラーを作りたいと
  思っていたそうです。このボルゲリの地では、
  シラーは不向きだと、ルカ・ダットーマ氏が再三言うのですが、
  彼は一歩も引かず、良く喧嘩をしたそうです。
  このシラーは、他に稀をみないボルゲリのシラー、
  というかマッキーレのシラーとして
  素晴らしいポテンシャルのワインです。

メッソリオ (メルロー100%)

  名前の由来は麦を収穫する人。
  ワイン産地になる前、ボルゲリは麦がたくさん栽培されていたそうです。
  彼女は、ボルゲリの地にメルローは適していると話します。
  (彼女はOPIUMでの夕食会。メッソリオを飲んだ瞬間
   『CHE BUONO!』とおっしゃってました)

 
セミナーはとても有意義な物でした。本当にありがとうございます。

Le Macchioleのワインを、こんなにゆっくり、考えたり、飲んだり、

料理と合わせてみたり、

私自身にとってもいい経験であり、

そういう風に全てのワインに対して考えていきたいと思いました。

私にとって、テロワールという言葉が氾濫すればする程、

理解に苦しむ時があります。

彼女達が作る、このボルゲリのワインには、

海に面したこの場所でしかなす事ができないワインだと思います。

このワイン一つ、一つ、香り、味わいについては、あまり触れていません。

どうぞ、味わってみてください。そうすれば、

何か心が感じる物があると思います。

私も、Le Macchiole、チンツィアさん、エウジェニオ氏、のワインを

長い年数をかけて理解を深めていきたいと思います。

2008年6月11日 (水)

Le Macchiole夕食会。・*・。☆

今日の日記は、まず、夕食会でのAbbinamento(料理とワインの相性)を!

この日、私達は彼女の話をゆっくり聞く事が出来ないので(サービスをしている為)

輸入業者さんが、翌日のセミナーにも呼んでくださいました。

彼女の熱い思いは、次回の日記でお届けします。

当日はマッキオーレ一色でお出迎えし、7時頃チンツィアさんが到着なさいました。

とても、綺麗で、可愛らしくて、笑顔の素敵な女性です。

まずは、ワイナリーのあるボルゲリについて、ご自身のワイナリーについて、

丁寧の話してくださいました。その後、夕食のスタートです。

Paleo Bianco 2006  『炙り鰹と夏野菜のタルタラ ボッタルガ風味』ソーヴィニヨン・ブラン70%・シャルドネ30%

Abbinamentoのポイント
   酸とミネラルがとても綺麗なマッキオーレのワイン達、  
   夏野菜の甘みを十分感じる一皿に仕上げ
   樽から来る余韻と、ボッタルガの風味を楽しんで頂きました。

Borgheri Rosso2006 『グアンチャーレをまとった穴子のソテー ズッキーニのグリル添え』                  メルロー50%・カベルネ・フラン30%・サンジョベーゼ10%・シラー10%

Abbinamentoのポイント
   手頃な値段で楽しめるマッキオーレのワインですが、
   なかなか手ごわいタンニンが存在します
   穴子の脂肪分の少なさをグアンチャーレで補い、
  (ウナギでは少しきつく味と香りが残るので)
   ズッキーニを噛む時に発生する唾液を上手く活かし、
   ボルゲリ・ロッソのタンニンとアルコールをコントロールした一品です。

Scrio 2004 『ホロホロ鳥のラヴィオリ セイジ風味のバターソース』シラー100%

Abbinamentoのポイント
   ここでScrio?と思った方も居たはずですが、
   ワインの成分の豊富さから見るとここで提供です。
   なんと言っても香りの豊かさ、山椒、ピンクペッパーなど
   スパイシーな香りに、酸のエレガントさ、
   これは、Scrioにしかない味わいです。お料理には、ラヴィオリ。
   中のホロホロのお肉は少し大きく、
   ラヴィオリを切った時に香りがたつように中もスパイシーに仕上げ
   皆様のテーブルには、ほんの少し山椒を提供し、
   香りを楽しんでも良し、少しつけても良し、
   という提案で楽しんで頂きました。
   小麦の甘さとScrioの酸、バターとアルコール、
   合わせるポイントは色々あった一品です

Paleo Rosso 2003 『ピチ 猪とリ・ド・ヴォー、ポルチーニの煮込みソース』カベルネ・フラン100%

Abbinamentoのポイント
   暑い年のこのワインですが、見事な酸です。
   アルコール感は次の2004年よりありますが、
   とてもバランスよく仕上がっています。
   少し熟成した香りも出てきているので、
   ポルチーニの香りが心地よいです。Morbidoの部分も感じるワインなので、
   少し辛味もプラスし、締まった感を出したお料理です。

Paleo Rosso 2004 『シャラン鴨のアローストと焼き加茂ナス添え』カベルネ・フラン100%

Abbinamentoのポイント
   素直に合わせてみたお料理です。
   鴨は味がしっかりとしたシャランを使用し、
   まだまだ、若い2004年のヴィンテージなので、鴨のカットは大きめにし、
   口の中でしっかりと噛んで頂く様工夫しました。
   皮めはパリッと、中はジューシーに、
   シェフの火加減で左右されるお肉料理。
   ワインの見事なまでの余韻。海側で産する独特の塩気と
   鴨と加茂ナス(笑)の甘みがポイントです。

この後に、Messorio2004 をご提供しました。
このワインはメルロー100%です。

私は、このワインだけ、ほんの少し今までのラインとは違う印象を受けました。

しかし、まだまだ若い。抜栓時間を左右しても、

堅いワインでした。でも、余韻の長さやバランスの良さは格別です。

残るは、デザートとその後の楽しい夕食の余韻です。

『ローストした冷たいパイナップル ココナッツジェラード添え』
その後は、皆さんそれぞれが、それぞれの楽しい時間を過していらっしゃいました。

この日の通訳は、川頭さんの奥様ジョバンナさんの通訳で、

チンツィアさんの思いを伝えて下さりました。

本当にありがとうございました。

チンツィアさんのワインに込めた思い、

ご来店の皆様に伝わったのではないでしょうか?

世界中で有名な海近くのボルゲリという産地。

しかし、こんなに、海や土地を感じるワインがあるでしょうか?

私にとっては、チンツィアさんのワインへの理解を深めていくのはこれからです。

これから、ずっとこのワインと過して行く事で、感じれる事も多くなると思います。

それでは、明日、いよいよ、マッキオーレの思いについて、

触れていきたいと思います。

最後にOPIUMのスタッフと写真をとって頂きました。

通訳をしてくださったジョバンナさん、ご来店頂いた川頭さん、

遅くまで、Abbinamentoに付き合って下さったモトックスの市橋さん、

そして、素晴らしいワインを作って下さったチンツィアさんを含めマッキオーレの皆さん、

当日、ワインの説明を丁寧に、丁寧に説明して下さったチンツィアさん、

ご来店頂き、素敵な夜と一緒に作りあげてくださったお客様。

本当に、本当にありがとうございました。

2008年6月 6日 (金)

マッキオーレメーカーズディナーの準備!

6月9日(月)、いよいよマッキオーレメーカーズディナーです。

ワイン単独でも十分存在感のあるワイン達に、どう料理を合わせて行くか。。

昨晩、最終Abbinamento(食べ合わせ)の微調整を行いました。


コントルノを変更したり、オイルの量を微調整したり、細々した所に変更はでましたが、

大まかな変更がなく、ホッとしました。

当日のお客様!お楽しみに。

2008年5月28日 (水)

ANSELMI アンセルミ

今日、私はロベルト・アンセルミ氏にお会いした。

彼と一緒に食事をしながら、色々な話を聞いてきました。

今日の日記は、とても心に残った、彼の人柄と、ワイン達の紹介です。

どうぞ、最後までお付き合い下さい。

今日は、彼と共にインポーター様を交え、

合計14名での昼食を、本当に今ご一緒してきました。

私は、人となりがワインに反映されると信じています。

彼は、ヴェネツィアで産するソアベという地域でワインを作っています。

しかし、彼のワインには一言もソアベという名前がありません。

彼は、そのカテゴリ-に縛られる事なく、一心にガルガーネガという葡萄品種、

ソアベという地区に思いを馳せてワインを作っています。

 
彼らが作りすだす白ワインは、本当に素晴らしく、

香りの高さには感服するワインを作り上げます。

ガルガネーガという葡萄品種のポテンシャルを追求すると、

言った方いいのでしょうか、

他のワインとは、一味も、二味も違うワインに仕上がっています。

まず、一番お手頃なワイン、サン・ヴィンツェンツォは、

OPIUMでイタリアワインを置き始めた頃からあるワインのひとつです。

(しばらく、やめていた時期もありましたが。。)

今日は、少し低温でのサーヴィスでした。

しかし、栗本さん(リッツカールトンのラベにての食事でした)は、

『今日は少し暑いので、少し冷やしぎみでの提供です』とおっしゃった彼に、

アンセルミ氏は『temperatura e perfetto!!(温度は完璧です)』

と答えていらっしゃいました。

このワインは、低めの温度で飲めば、酸度が綺麗に表現され、

大変爽やかなワインだなぁという印象でした。


ここで、ワインの話からコルクの話しへ移り、

彼のデザートワイン『I Capitelli2008』から

スクリューキャップになるという話になりました。

コルクの話はとても興味深く、彼らは使用する2年前にコルクを購入し、

使用する1年前からコルクを分析に入る、

そして、選び抜かれたコルクのみを使う。

なぜ、そこまで徹底して行うのか。彼らは畑で一生懸命葡萄を育て、

葡萄をワインへ仕上げる

そして、最後の段階でコルクをしてワインを自分達の手元から出していく。

その最後の段階で悪いコルクに当たった場合、

そのワインは不幸な事に飲めなくなってしまう。

そんな現状を彼は、『最後は神のみぞ知る』と言っていました。

彼にとってみれば、最後の段階で自分達のワインが、

自分達の仕上げたワインでなくなる事が悲しいのでしょう。

 (最後に飲むお客様の事を、非常に気にしておられました。)

すでに、スクリューキャップでの検証に入っており、

時間が経ってもコルクよりもよりフレッシュ感が表現されたワインだそうです。

白ワインに限ってですが、

酸素と触れる事を極力避けなければいけないとお話になっていました。

そこには、彼が思うガルガーネガの香り、綺麗な酸、

そしてミネラルを考えると頷ける話です。

常に、より良い状態で、より良いワインを、と

望んで探求してらっしゃるんだと思います。


スクリューキャップ = 安いワインというイメージがあるというリスクも、

もちろん分かってらっしゃってました。

何も説明をされずに、コルクのワインとスクリューキャップのワインが並んでいると、

多くの人がコルクのワインを選ぶだろう。

とまで、お話しされていました。

でも、彼は茶目っ気たっぷりに、

『スクリューのワインが万が一質の悪いワインだとすれば、もうコルクのせいにはできないけどね。。』と。

それでも、よいと思う事に妥協なく進んでいく彼の思いに、

私もソムリエという立場から後押しとしていきたいと思います。


今回、彼の人柄に触れてみて、ますます大好きなワインになりました。

最後に、席を立ってツカツカとマカロンが入っている器に手を伸ばし、パクっと食べたその行動は、

とても可愛らしい方(そんな事いったら失礼ですが。。。)だなぁと思い、

この人の思いをお客様に伝えていかないといけない。と思ったそんな昼食会でした。

さぁ~。アンセルミのワイン売るよ!とOPIUMの扉を開けスタッフに声をかけると、

『そうなると、思った。。。』という一言が。う~~ん。私は単純??

そんな事はない。心に響いた出会いは、私の心を動かしたのですheart01

イタリア料理 OPIUM のサービス一覧

イタリア料理 OPIUM